上武絹の道ブログ

NPO産業観光学習館 佐滝専務理事の書籍が刊行されました!

2019.07.03

NPO産業観光学習館の佐滝剛弘専務理事が、このほど祥伝社新書から『観光公害-インバウンド4000万人時代の副作用-』という
書籍を刊行しました。

日本には今大勢の外国人観光客が来訪していますが、京都をはじめ多くの観光地で、
観光客と住民との摩擦が起きており、この問題は『オーバーツーリズム』とも呼ばれています。

この両者の問題を考えることは、地域のあり方を見直すことにつながり、NPO産業観光学習館の業務や役割にもかかわってきます。
読んでいただければ、地域と観光の関係についての示唆が得られるかと思います。
ぜひお目通しください。


●NPO産業観光学習館 佐滝専務理事とは
世界遺産マイスターの資格を持つ、日本でも指折りの世界遺産の達人。
世界遺産に関する著書も多く、現在70か国450件あまりの世界遺産を訪れている。
NPO産業観光学習館では、「世界遺産の楽しみ方」講座や「絹産業遺産ツアー(日帰り・宿泊)」、「上武絹の道マイスター講座」などの
案内・解説を務める人気講師。