上武絹の道ブログ

Working Woman イベント in 本庄「Lady Go」に行きました!

2020.02.13

2/9(日)本庄市にある旧本庄商業銀行煉瓦倉庫で行われた「Working Woman イベント in 本庄「Lady Go」」へ
行ってきました。
商店街を歩いていると、ひと際目を引く鮮やかな赤レンガの建物が「旧本庄商業銀行煉瓦倉庫」です。
夜はライトアップされていて、レトロ感のあるやさしい感じが癒されます。
旧本庄商業銀行煉瓦倉庫は、明治29年に本庄商業銀行が、資金を融資する際の担保として預かった繭を保管するために
建てられた倉庫との事。
使われているレンガは、隣の深谷市の日本煉瓦製造(株)上敷免工場で製造されたものだそうです。
ちなみに東京駅のレンガも上敷免工場のものです。

室内に入り最初に目に留まったのは、かわいい絵と妊婦のマネキンのお腹に描かれたBabyの絵でした。
気になり、お店の方にお話を伺う事にしました。
ご自身の妊娠をきっかけにマタニティベリーペイントのお仕事を始めたとの事。
肌専用の絵具を使い、妊婦さんの負担にならない様30分程度でかわいい絵を描き上げている様です
人生の中で数回経験するかしないかのマタニティ期間。思い出づくりのお手伝いが出来たらとおっしゃってました。
他にも、「お香」のお店や「伝統工芸ジュエリー」のお店等見ていてワクワクするお店が数多く出店していて、
ワークショップで体験する方々は皆さん、笑顔でした。

2Fに上がると柱が一つもない広いフロアにビックリしました。
視線を上げると見覚えのある造り。気になり後日会社で確認すると、世界遺産「富岡製糸場」の繰糸所と同じ構造との事でした。
群馬県富岡市と埼玉県本庄市。同じ技術で建築された建物が、震災や戦災を経て現在まで残っていることにとても感動しました。
ステージでは、フラメンコやストリートダンス、ヨガ等が次々行われ、見ている方も一緒に盛り上がって楽しそうでした。
2Fでは、3時間旅冊子でご協力頂いている「NINOKURA」さんやベーグルのお店等が出店されていました。
出店されていたお店の方もイベントへ来ていたお客様も皆さん笑顔で、お互いにパワーを貰いあっているなぁと感じた
イベントでした。


旧本庄商業銀行煉瓦倉庫
住所:埼玉県本庄市銀座1丁目7?16
電話:0495-71-6685
開館時間:9:00~19:00
休館日:12月29日~1月3日
入館料:無料