おススメ旅ガイドIC降りてぶらっと3時間周遊&ちょい寄りグルメ

ルート<1> シルク王「片倉製糸」最後の工場跡を巡る―片倉シルク記念館

製糸工場跡の記念館。
当時の解説を聞きながら日本の技術レベルの高さに感動する。
世界遺産富岡製糸場と安中の碓氷製糸(株)も是非訪れたい。

 信州岡谷で発祥した我が国最大の製糸会社「片倉製糸紡績」。その最後の製糸工場である熊谷工場の跡地に建つのが片倉シルク記念館である。当時、繭倉庫だった建物が2棟残され、その内部に、1994年(平成6年)まで操業していた製糸機械や道具、資料等を展示し、一般公開している。
 富岡製糸場は官営工場として誕生した後、民間の経営に移り、最後に経営を行ったのが当時日本最大の製糸会社であった片倉製糸紡績である。1938年、原合名会社から富岡製糸場を譲り受け、その後1987年(昭和62年)まで、50年近く片倉のもとで操業が行われた。富岡製糸場の閉鎖後は、熊谷工場が最後の片倉の製糸工場となり、孤軍奮闘したが、ついに平成の時代に入って工場の灯が消された。
 館内では、実際に工場で使われた機械の展示を通して製糸の工程をわかりやすく紹介している他、戦前に使われた貴重な繰糸機なども多く展示されている。また、稼働時の従業員の仕事や工場での行事や暮らしなど、生活を偲ばせる展示もあり、実際にこの工場で働いた係員による解説を通して、製糸工場の様子がよくわかる施設となっている。

■片倉シルク記念館
〒360-0815 埼玉県熊谷市本石2丁目135番地
見学時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 
定休日  毎週月曜日及び火曜日/夏期お盆休み/年末年始
     ※臨時休館あり
見学料  無料
アクセス 関越自動車道花園ICから約30分
電話   048-522-4316